耐震性
地震大国日本だからこそ意識すべき住まいの耐震性

地震大国日本だからこそ意識すべき
住まいの耐震性

阪神・淡路大震災、東日本大震災、そして熊本地震。平成だけを振り返ってみても、日本列島は常に大地震の脅威にさらされてきました。
いつ起こるかわからない自然災害に対して何もせずに指をくわえていても、自身や家族の安全は保証できません。この国で長く安心して暮らすうえで、住まいの耐震性に気を配ることはもはや無視できない要素です。
時代によって進化している耐震基準

時代によって進化している耐震基準

現在、日本で家を建てるときには「建築基準法」で定められたルールの順守が義務付けられています。建築基準法とは、人間の生命と健康、財産の保護のため、建築物の面積や高さ、用途などの制限とともに、構造や技術基準などが定められた法律のことで、耐震基準についてもこの法律で述べられています。

建築基準法は1950年に制定されましたが、その後、大きな地震が起きたるたびに耐震基準が改正されています。その中でも最も大きな改正が1981年の「新耐震基準」の導入で、1978年に起きた宮城沖地震を教訓に、耐震設計法が抜本的に見直されました。

現在はこの「新耐震基準」がベースですが、1995年に起きた阪神淡路大震災の被害を受け、2000年に木造建築物の構造体の強化基準などが設けられています。

国が定める耐震性能の最高ランク耐震等級3を標準化

国が定める耐震性能の最高ランク
耐震等級3を標準化

耐震等級とは、2000年に定められた「住宅の品質確保の促進などに関する法律」に基づく、「住宅性能表示制度」で用いられている言葉です。
住宅性能表示制度とは、省エネ性、耐火性、バリアフリー性など10分野の性能を、等級や数値で表示する制度です。

耐震性能は1〜3の等級で表示されており、「耐震等級1」が数百年に一度程度発生する地震でも倒壊しない程度のレベルで、「耐震等級2」は等級1の1.25倍の耐震性を、「耐震等級3」は等級1の1.5倍の耐震性を持つことを示します。
Dプレミアムは、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3を標準化。防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

震度7を2回観測した熊本地震に耐えた制震ダンパー「ミライエ」を標準装備

震度7を2回観測した熊本地震に耐えた
制震ダンパー「ミライエ」を標準装備

耐震性能は、1回の大地震で建物が倒壊しないための基準であり、その後の余震までは考慮されていません。
もし、本震で柱や壁などの構造躯体がダメージを受けていれば、それに続く余震の規模や回数によっては倒壊する可能性も高まります。また、屋根、外壁、窓ガラス、内装などの被害状況によっては、生活できなくなることも考えられます。

そこで私たちがご提案したいのは「制震」
住友ゴム株式会社の住宅用制震ダンパー「ミライエ」は、住まいの持つ耐震性を損なうことなく、新たな性能を加え、本震だけでなく、繰り返し来る余震にも強い、より安心・安全な住まいづくりをお手伝いします。

制震ダンパー「ミライエ」の特徴

制震ダンパー「ミライエ」の特徴

1. 揺れを最大70%吸収
MIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅を測定。この結果、地震の揺れ幅を最大70%吸収・低減できることが実証されました。

2. 低コスト
X方向、Y方向への最適配置により、1階に4箇所設置するだけで家全体を守ることができます。(※延床面積140m2以下の平屋、及び2階建て住宅の場合)

3. 90年間メンテナンス不要
エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」は、ほとんど弾みません。これは運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散するためです。90年間メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。

4. 信頼性の高い素材
住友ゴム独自の技術から誕生した「高減衰ゴム」は、高層ビルや橋などの制震ダンパーに使われています。特に橋梁ケーブル用ダンパーでは、国内シェアNo.1の実績。使用範囲は-20℃から60℃まで適応し、北海道から沖縄まで、気候の異なる屋外でも多数仕様される信頼性の高い素材です。

結露を防いで耐久性を高める

結露を防いで耐久性を高める

住宅の耐震性能を考える場合、耐震性が高いだけでなく耐久性が高いことも大切です。とくに、家の中で知らないうちに発生してしまう内部結露はとても危険です。結露によって家の重要な構造材を腐食させ、耐震の強度を弱めてしまうからです。
住宅の結露を防ぐには、室内の表面温度を下げないことが一番重要です。そのためには建物全体の断熱性を高め、家の中に冷えた部分をつくらないことが肝心です。
Dプレミアムは、UA値0.3、C値0.5の高断熱・高気密性能で、エアコン1台で全館空調できる家。玄関やトイレに至るまで全部屋が同程度の室温に保たれるため、壁内結露はもちろん、室内も結露はほとんどありません