お客様の声VOICE

2年間で100社を見て、資産価値を考えた|弥彦村|小林様

2年間で100社を見て、資産価値を考えた
2年間で100社を見て、資産価値を考えた

住まいづくりを考えたきっかけをお聞かせ下さい。

いろいろな事があってですが、家族一人ひとりの生活と働くスタイルが変化していき、アパートに移って3年程経った頃、このまま家賃の支払いを続けて過ごすより、新築して資産にしていく方がいいのかなと思い動き始めました。

どのくらいの住宅会社を見て回りましたか?

2年間で100社程見て回りました。

最初は住宅展示場を廻るところから始め、大手ハウスメーカーを見てきました。
土地紹介をしてもらうも、なかなか土地が決まらない状態でした。
探している間の2年間、後半は見学会を中心に回るようになりました。

ディテールホームに決めた理由をお聞かせ下さい。

ハウスメーカーは高性能など明確になっている反面、メーカー色というか間取りなど自由度・対応力の部分・イレギュラーな質問に担当者単位で解決できない点を感じていました。

私達も沢山の住宅を観てきた中で、蓄えた知識やこだわり、それを実感できる会社を探していました。ちょうど土地も決まったところ見学会で出会ったのが斎藤さんでした。
「是非、提案させて下さい!!」という声、そして私たちの要望を踏まえて、角地を最大限に活かしたプランが出てきたんです。
イメージパースもその場で沢山描いてくれました!!

住まいづくりにおいて一番こだわったことをお聞かせ下さい。

とにかく初期に多々費用は掛かっても、これから生活してく上で省エネで快適な住まいにこだわりました。
これからまだ変わっていくスタイル。その変化に対応できる間取り。時間を掛けて自分たちのペースで詳細を詰めて決めていくことです。

住まいづくりにおいて予算・環境から譲歩した部分等がありましたら、お聞かせ下さい。

適所に十分な収納力を配置させるために、その分居室の広さを抑えました。
でもそのおかげで部屋をスッキリさせられて、収納したものも出し入れしやすい環境をつくれました。

新居に住んでみてどうですか?お気に入りの点・ご感想等をお聞かせ下さい。

①各所の棚やカウンター・収納は打ち合わせを沢山した分、使いやすくなりました。まだこれからもカスタマイズしていきたいですね。

②いろいろな形で設けた飾りの空間には、自分の仕事でもある縫製の作品を飾っています。

住んでみて、「もう少しこうすれば良かった」と思うところがありましたら、お聞かせ下さい。

良かった点でもあり、これから楽しみでもあり、もう少し使いやすくできたかなという課題を残した部分でもあったのがキッチン周りです。
ダイニングバーカウンターやスパイスニッチなどを作り、スキップダウンさせたのですが、背面の収納を少しイメージしきれず、距離を作ってしまった部分がありました。

建築中の思い出やエピソードがありましたら、お聞かせ下さい。
(打合せ時や建築中のエピソード、楽しかったこと、大変に感じたこと、悩んだこと など)

担当者の斎藤さんといろいろな共通点があり、建築以外の話しでも大変楽しく過ごせましたが、その分、話が横道にそれすぎて、なかなか打ち合わせが進みませんでした(笑)

地鎮祭では神主さんにもめずらしいと言われる神秘的な嬉しいハプニングがありました。

見学会では準備や飾り付け、当日も説明案内スタッフとして参加して、最後まで楽しみました♪

これから住まいづくりを始める方へのアドバイスがありましたら、お聞かせ下さい。

家賃並みぐらいの気持ちでスタートしても一生の住まい。
住宅ローンはしっかりとした計画性が必要です。
掛けた費用で性能をちゃんと上げられれば、生活費(光熱費や保険料)などが抑えられます。
こう言ったらなんですが、私たちは資産価値の下がりにくい家づくりを考えました。
(間取りの可変性も含め)

その他住まいづくりについてのご意見・ご感想がありましたらお聞かせ下さい。

ここでは伝えきれないことや、エピソードなど直接お話できます♪
直の声がお聞きになりたい方は、エスコートホームでお待ちしています。