お客様の声VOICE

「イメージ通り、いやイメージ以上にカッコイイ!」と感動しました|小千谷市|W様

「イメージ通り、いやイメージ以上にカッコイイ!」と感動しました
「イメージ通り、いやイメージ以上にカッコイイ!」と感動しました

住まいづくりを考えたきっかけをお聞かせ下さい。

東京や地方の勤務から、地元新潟での勤務地に変更となり、また、子どもの就学を見越して家づくりを考えました。

どのくらいの住宅会社を見て回りましたか?

6社です。

ディテールホームに決めた理由をお聞かせ下さい。

それまで何社かの住宅を見てまわりましたが、私たちにとってはどれもほぼ似たような内外装に感じ、どの担当者も「今時はどの建築会社も同じような見た目になりますよ」と言われてしまいました。

そんな中、長岡のモデルハウスを見学し、その個性的なデザインに惹かれました。

話を聞くと、「ほぼ全てをお客様自身で決めることができます。打ち合わせは大変だけど頑張りましょう。」と言われ、ディテールホームさんに決めました。

ホームページの建築実例も充実していて、家づくりの参考にさせていただきました。

住まいづくりにおいて一番こだわったことをお聞かせ下さい。

インナーガレージを採用し、趣味の木工やスキーの手入れができるようにしました。
周囲からの視線を遮り、プライベートを確保できるような窓の大きさと配置を考えました。

例えば、ダイニングから隣地の公園の桜が見えつつも、公園で遊ぶ人から視線を遮ることができました。
子どもの成長に合わせた生活動線、リビングと子供部屋の位置関係、子供部屋と子どもの遊ぶ場所を分離するなど間取りを工夫しました。

洗面室兼サンルームと浴室脱衣所スペースにゆとりを持たせ、衣類の収納と室内干しのスペースを確保しました。

賃貸マンションやアパート暮らしが長かったため、新居ではアパート感の出るようなものは排除するように努めました。

上下階に仕切りが無く、吹き抜けのようになっているので、天井から1階床面に対し、直径150㎜のダクトファンを通し、上下階の温度差を解消するような設備を自分で調べて考え、設置することにしました。

照明やスイッチコンセントの仕様と配置は、全て自分で決めました。
キッチン収納は、見せる棚を設けつつ、収納力を確保できました。

住まいづくりにおいて予算・環境から譲歩した部分等がありましたら、お聞かせください。

住宅設備のオプションは必要最低限にしました。

特に浴室は浴室暖房、マイクロバブルバス、天井シャワーなど魅力的な設備がありましたが諦めました。

リビングのTVボードは不採用にし、壁付TVとしました。結果は良好でした。
リビングの壁面のディスプレイ棚を採用できませんでしたので、後程チェストを置きたいと思います。

新居に住んでみてどうですか?お気に入りの点・ご感想等をお聞かせ下さい。

ほとんど全てが気に入っています。こだわったところが全てお気に入りです。

特にリビングダイニング中央のタイル張の壁面がアクセントになっていて、室内に重厚感がでました。

住んでみて、「もう少しこうすれば良かった」と思うところがありましたら、お聞かせ下さい。

うれしいことに予想以上に家が温かく、洗濯物がサンルームだけで十分に乾きました。
リビングに設置した電動物干しの出番が無く、十分に乾いてしまいます。

自分で全て決めた照明・コンセントの配置ですが、もう少し明るいとよかったと思う場所がありました。

掃除のために多めに配置したコンセントですが、お掃除ロボットとコードレス掃除機を使用するので、お掃除方法をもう少し考えてから決めればよかったと思います。

建築中の思い出やエピソードがありましたら、お聞かせ下さい。
(打合せ時や建築中のエピソード、楽しかったこと、大変に感じたこと、悩んだこと など)

約半年間、長岡支店に通い詰めて打ち合わせを行いました。
打ち合わせは大変でしたが、充実した時間を過ごさせていただきました。

工事着工となり、あれやこれやと考えることが無くなり、長岡に行くことも減ってしまうと思うと、ちょっとだけ寂しい気持ちになりました。

更地だった敷地に基礎が完成し、このくらいの大きさの家が建つと想像した時、思っていたよりも小さいような大きいような、複雑な気持ちになりました。

柱が立つと、柱と梁の全てに自分の名前がプリントされていて、少し恥ずかしい気持ちと、自分の家なんだという誇らしい気持ちになりました。

基礎の時と違って立体的な形を見ると、意外と大きな建物だと実感しました。

建前の後、柱に家族全員で名前と日付をマジックペンで記載し、写真を撮ったのが私の宝物です。

屋根と外壁が張られ、いよいよ家の形になった時、「自分のイメージ通り、いやイメージ以上にカッコイイ!」と感動しました。
室内の壁紙が貼られ、「ここに住むんだなー」と思って、更に感動しました。

ほぼ毎週の打ち合わせに、当時幼稚園年長の息子が付き合ってくれました。
DVDやおもちゃで騒がしくしてしまい、他のお客様の迷惑になっていないか心配でした。

打ち合わせが終わり、長岡支店に行かなくなった時、私と同じく彼も少し寂しそうでした。
居心地の良い打ち合わせ環境を作っていただき、感謝!です。

これから住まいづくりを始める方へのアドバイスがありましたら、お聞かせ下さい。

いろいろな本や物件を見て、知識として家づくりの土台を固めてから建設会社さんと話すとよいかと思います。

敷地の大きさ、方角や周囲環境によって家づくりの条件が変わります。
同じ家は2つとできませんが、自分のイメージを持って、それを担当者さんに「明確に」伝えることができれば手戻りなく、イメージ通りの家を作ることができると思います。

手戻りは、それを気付いた時の残念な気持ち、時間とお金、仕上がりにも当然不満が残ってしまいます。

後悔しない家づくりのために、事前のイメージ作りの努力をすることがよい結果に繋がると思いました。
これから始める方は、是非家づくりを楽しんでください!

その他住まいづくりについてのご意見・ご感想がありましたらお聞かせ下さい。

家づくりは多くの人によって、一生に一度しか経験できず、その完成した家と一生付き合うことになります。
お客様にとって、後悔の無いような家づくりができますよう、これからも頑張っていただければと思います。

我が家の家づくりは、私たちにとってイメージ通り、いえ、イメージしていた以上に素敵な家が建てられたと思っています。

ディテールホームさんにお願いして本当によかったと思います。

こちらのお家づくりに関わったスタッフ