fbpx

お客様の声VOICE

デザインにこだわった家にしたい。親身になった対応が期待以上でした|新発田市|W様

 

子育ての環境や家賃も考えて。将来を見据えて家づくりを

1人目の子どもが生まれた時が家づくりのきっかけでした。

当時はアパート暮らしでしたが、ゆくゆくは2人目、3人目も考えていて。

アパートの家賃を払い続けるのももったいないと思い、本格的に考え始めましたね。

 

こだわるならデザインに。羽田さん(営業)も私たちに合っていました

まずは資料を一括請求して3社に絞り、見学会やプラン見積りなど、真剣に検討しました。

営業の羽田さんは聞いたことに対して上回って答えてくれるなど、安心感がありました。

自分の体験談も交えて話してくれて、親しみやすい印象がありましたね。

また、お金をかけるならやっぱりこだわったデザインにしたくて。

信頼できる営業担当と高いデザイン性、両方が揃ったディテールさんにお願いしようと決めました。

 

希望は実家から近いエリア。通勤のしやすさも考えて決めました

土地は2人の実家が近い新発田エリアで、あまり限定し過ぎず、幅広く探していました。

通勤時のことも考えて、バイパスに出やすい立地というのも大事な条件。

それでも1年くらいは探していて、住宅会社の人にも毎回「いいところないですか」と相談していましたね。

住宅会社選びと土地探しは並行していたのですが、土地が決まった頃にはすでにディテールさんと話が進んでいて。

ここは予算内で広さも十分だし、小中学校も近いので尚更いいね、と言って決めました。

 

L字につながるLDK配置。見学会で見たリビングが参考に

(奥様)希望はキッチンからリビングが見渡せることでした。

だけど私たちはキッチン・ダイニング・リビングが一直線に並ぶ間取りしか思いつかなくて。

LDKがL字型になっている家を見て、こういう配置もあるんだと知りました。

これならキッチンからリビングも見えるし、つながっている感じがいいと思いましたね。

 

間取りプランは自主的に考案。修正を重ね、詰めていきました

(ご主人)自分たちなりに考えた間取りをもとに、構造や耐震のことを相談しながら何度も修正を重ねて、より良くしていきました。

キッチンと水まわりの回遊動線、実は私の発案なんですよ。

 

(奥様)間取りに関しては、私たちの要望をディテールさんがうまく練り込んでくれたので、あまり悩んだ思い出がないんですよね。

すごくよくしてくれたおかげだと思っています。

 

客間にも遊び場にもなる和室。玄関とつなげて回遊動線の中に組み込みました

(ご主人)玄関から和室へ直接行けるように動線を確保したのも、実は自分の案なんです。

最初はふさぐ予定だったのですが、あったら便利かな、と思い直して。

お客さんが来た時、毎回リビングを通すのも嫌だな、と思ったんです。

 

(奥様)今はまだ客間として使ったことはないのですが、子どもが走り回っていて楽しそう。

遊び場としても機能しているので、つなげてよかったです。

 

内装はシックで落ち着いた雰囲気に

黒で統一した内装デザインは、YouTubeで紹介されていた家を参考にしました。

ナチュラル系よりは、シックで落ち着いた感じにしたくて。

床や壁紙、テレビの後ろを決める時はすごく悩んだ記憶があります。

宿題もたくさん出たんですけど、時間もなくて、家に持ち帰ってもなかなか決められませんでした。

そういう時はコーディネーターさんからアドバイスをよくもらっていましたね。

このダイニングテーブルは内装に合うものを購入しました。

キッチンと並べられるセラミックのものがないか、羽田さんに相談したら教えてくれたんですよ。

 

ダークな空間に個性的な間接照明が光る寝室

寝室はネットで見つけた画像を参考にしました。

イメージを伝えたらコーディネーターさんが近い壁紙を選んでくれて。

間接照明を壁に直角にしたデザインは珍しいみたいで、初めての試みだったと聞きました。

天井まで黒で統一したのはコーディネーターさんの提案。

私たちは白でもいいかも、って思っていたんですけどね。

悩んだ時はセンスある人にお任せするようにしていました。

みんなが良いって言ってくれるから、結果よかったかな。

 

どの場所もこだわり抜いた住まいで

特に楽しみだったところを選べないほど、どの場所もデザインにこだわりましたし、できあがるのが楽しみでした。

住んでみると「リビング収納をロールスクリーンすればよかったかな」とか、「レンジフードが意外と低いな」とか、気づくこともありますけどね。

バレンタインの時はお菓子作りをしました。

前はキッチンが狭くてできなかったけど、今はダイニングまで広げられるから。

時間ができたらまた子どもと一緒に作りたいですね。

こちらのお家づくりに関わったスタッフ

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報