fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2021.07.12  / 小山

大事なマイホーム、シロアリ対策していますか?

皆さんこんにちは。

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」県央支店小山です。

いつ頃から梅雨明けするかな~などと天気予報見てみると!

明日からか~い!

しかも!ず~っと雨降らない( ̄▽ ̄;)まぁ予報だから変わるだろうけどね

今年も『暑っちぇ~』夏になりそうですね!

熱中症対策忘れずに!

 

さて皆さんはマイホームのシロアリ対策してますか?

『我が家はべた基礎だしシロアリとは縁がないな~』なんて思っていませんか?

シロアリはどこにでも生息しているので、大事なマイホームを守るために新築時からシロアリを寄せ付けない対策、環境をつくりましょう!

 

そもそも『シロアリ』ってどんな生き物?

シロアリは『アリ』の仲間だと思いますよね?

実はゴキブリの仲間なんです!

ビックリですよね!私も知った時は衝撃でした!

シロアリは切り株の下などにコロニー(集団で群れている場所)と呼ばれる巣をつくって生息しています。

コロニーの中では王と女王がいて卵を作り続けておりコロニーが大きくなると羽アリを発生させ羽アリは巣から飛び立ち、違う地で新たなコロニーを作ります。

シロアリは肌が弱い生き物のため、風や日光を嫌います。

また、目が退化しているため、鼻が利くそうで腐った木の匂いなどに敏感に反応します。

『水分を含んだ木』が大好物なので排水漏れや雨漏れなどで土台や柱を腐らせてしまうと、基礎などに『蟻道』をつくり腐った部分を蝕みにきます。

 

『蟻道(ギドウ)』とは何ぞや?

シロアリが移動するためのトンネルですね!

※先途で少しお話しましたが、シロアリは風や日光を嫌う為『蟻土』と呼ばれる土や木材のカスを排泄物などで固めてトンネルを作り移動します。

 

シロアリの活動時期は?

『シロアリは冬は活動しないよ!』なんて事も聞いたことがあると思いますが、それは嘘です!

シロアリは1年中活動しており冬は活動が鈍くなりますが、冬でも活動しています。

羽アリの発生時期はシロアリの種類(日本の代表的なシロアリ⇒ヤマトシロアリ、イエシロアリ)より多少違うようですが、4月から7月頃に発生します。

 

知っておきたい!シロアリ対策

● 家の周りに木材を置かない
 ※餌を与えてしまっています!

● 木杭は防腐処理済みの物を使用する
 ※年数が経過すると防腐効果がなくなるので、できるだけ使用しないでくだい!

● 切り株は根っこから撤去する
 ※コロニーを作らせない!

● 通気口の周りに障害物を置かない
 ※床下の通気性が悪くなり乾燥した環境になりにくい!

● 蟻道がないか確認する
 ※発見したらシロアリ業者さんに調査を依頼しましょう!

大事なマイホームしっかりシロアリ対策に取り組みましょう。(^^)/

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報