スタッフブログ STAFF BLOG

2018.03.19  / 坂井

家づくりで失敗しない為の間取りのいろは

こんにちは。坂井です。

今回は私がいつもプランする時のポイントのお話しします。

 

プランをする時に一番最初に考えるのは、日当たりです。

次に家事同線、

収納、

回遊動線です。

 

順に触れていきます。

 


日当たり

まず日当たりに関しては、LDKを日当たりのよい位置に配置。

できればランドリースペースを次に日当たりのよい位置を確保。

さらに、玄関も暗くなりがちなので注意が必要ですね。

 


家事動線

家事動線はキッチンから脱衣室、ランドリースペースにたどり着く距離をできるだけ短くする事を常に考えます。

家事は毎日の事ですし、奥様は日々忙しいからです。

しかもこの動線を直線に結んであげると、さらにいい間取りになります。

 


収納

収納で一番大事なのは、リビング周辺(TV台の両脇など)は一番家族が長居する場所であり、家族が集まる場所です。

当然荷物が増えるのでそこにしっかり収納を設けるのがポイントです。

 

次に脱衣室。最低家族の下着、日常よく着る服、タオルなど収納できる収納は必須ですね。

できれば1階にファミリークロークを設ける事ができればベストです。

 

次に2階に納戸。

必ず生活していると、使わなくなる物がでてきてしまいます。
なんでもしまえる最低2畳くらいの収納がほしいですね。

 

それとタイヤ、スコップなどの外の収納もあると便利です。

後付けの物置は外観を損ねかねないので注意が必要です。

 


回遊動線

床面積に余裕があれば回遊動線がおすすめです。

1階に2カ所くらい回遊できる間取りにすると、生活がしやすく家が広く感じます。

 

以上となります。

一生住む家ですから、延床面積の広さも大事ですが、ちょっとしたポイントで間取りはガラリと変わります。

参考にしてみてください。

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報