fbpx

スタッフブログ

STAFF BLOG

2024.05.20  / 青木(將)

20代で家を建てるメリットと注意点:若い世代のための家づくりガイド

こんにちは!

新潟で注文住宅・デザイン住宅を新築している「ディテールホーム」新潟支店の青木です。

家づくりのご相談をしていただくお客様は当然私よりも若い方ばかりで、マイホームの夢や希望をお聞きしているとその姿から羨ましさを感じたり、また元気をもらっていたりします。

人生の折り返し地点を迎えた私ですが、やはりやりたいことチャレンジしたいことは早くやった方がいいなと常々思います。

その中で家づくりについて最近は若くに家を建てられる方も多いと思います。

長期的な低金利の時代背景による住宅ローンの借りやすさが一番の要因だと思いますが、今回は早くにマイホームを持つことのメリットや注意点について解説していきたいと思います。

反対に今は20代でも、30代以降で家を建てる場合にどういったところに注意が必要かについても触れていきたいと思います。

 

【20代で家づくりをするメリットとは?】

20代で家づくりをするメリットを順に上げていきます。

 

●早く住宅ローンが終わることによって、将来的な選択肢が増える

早く返済が始まるということは、早く返済が終わるということです。

ということは老後への準備期間も長く取ることができますし、繰り上げ返済も活用して返済期間をさらに短くすることも可能です。

仮に50歳時点で子供が社会に出ていたら15年間も老後準備が出来ます。

老後は趣味に没頭したい!という方にも有効な計画かもしれません。

私は早いところ老後は放浪生活をするのが夢です。笑

住所なし、その日暮らし。行った先々で趣味の釣りとゴルフに没頭。

そのためのライフプランはもちろん今のうちから考えておくことが大切ですね!

 

●40年ローンも組める

最近では40年ローンも組めるようになりました。銀行によっては50年ローンもあるほどです。

低金利の日本では非常に有利に働きます。

どういうことかというと、人生のフェーズを下記のように分けて考えてみます。

前半・・・家を建てるはいいけど、まだまだ若く、収入も貯蓄も少ない時
中盤・・・収入は安定してきたけど、車の買い替えや教育費にお金が掛かる時
後半・・・収入もあり、子供の手も離れている時

このように分けたとして、この中で一番資産が少ないのは前半部分になります。

(当然ですが、収入が増えたからといって良い車を買ったり、派手な生活をしてしまい、同じように支出も増えてしまう方は中盤も後半も資産が少ないままです。)

つまり一番資産が少ないときに、一番高い買い物をしようとしているわけです。

反対に、借入期間を短くしたり、頭金を入れるということは、今の手元資金を減らしてでも、未来を楽にしたいからその選択肢を選ぶ方もいます。

ですが、それによる恩恵はというと本当に微々たるものだったりします。

つまり、一番苦しいときに、一番苦しくなる選択肢を取る必要はないということです。

これが金利の高い世界であれば話は違ってきますが、日本に住んでいる私たちだからこそ取れる戦略だと言えます。

0.4%で何千万ものお金が調達できるのは住宅ローンだけです。

さらに住宅ローン減税は0.7%還ってきます。

 

●子育ての環境として良い

それは、「子供とこの家で過ごせる時間はそんなに長くない」ということです。

私は一生賃貸派の人もそれはそれで良い選択肢だと思っているタイプなのですが、こと新潟県に住むとなれば、いつかは戸建てが欲しくなるような気がしています。

どうせいつか建てるなら早い方がいいと思いますし、子供とマイホームで過ごせる時間を少しでも長くとれるようになります。

親が周りの部屋に気を遣うストレスがないだけでも子供にとっては良い環境なのではないでしょうか。

大きな庭までなかったとしても、くつろげるリビングや、子供部屋におもちゃを広げられるだけでも十分だと思います。

次にデメリットもあると思いますので、そちらに関しても書いていきます。

 

【20代で家を建てるデメリット・注意点】

●高い買い物や契約になれていない

どれだけ良いと思ったものも、オイシイ話でも多角的に物事を見て判断する必要があります。

他人に流されず、自分の意志で家づくりも進めていかないと、

・オーバースペックの家を買ってしまったり、
・親の意見しか入っていない家になってしまったり、
・インスタでよさそうな収納や間取りを取り入れてみたけど、自分には全然合わなかった。

みたいなことも起こりえます。

 

●まだ夫婦生活が確立していない中での家づくりになる

同棲生活をしていなかったり、まだ子育てを経験していない中で、新居での生活が始まる方は多いです。

今までの生活スタイルに他人の価値観が入ってくるので思っていた新居生活と違ってくる可能性も出てきます。

たとえば、洗濯の回す時間や畳み方、皿の位置や掃除の回数などなど。

そこに子育てが絡んでくると大変だとは思いますが、どんな困難も夫婦仲良く乗り越えられるように、楽しみながら家づくりをするということが一番大切かもしれません(^^)/

 

【30代で家づくりをされる方にも、40代で家づくりをされる方にお伝えしたいこと】

最後に、30代で家づくりをされる方にも、40代で家づくりをされる方にも、今20代だけど、建てるのは30代になるかもしれない方にも、一つだけ共通してお伝えしたいことがあります。

それは、「今から住宅ローンを組むつもりで貯蓄をしておいたほうが良い。」ということです。

たとえば住宅ローンが月10万円くらいを想定していて、今の家賃が7万円なのであれば、3万円は貯蓄をしておく。

それが出来ないと、いざ家づくりをする時に困るかもしれません。

私自身かなりの世帯数ライフプランニングを手伝ってきました。

その経験上から分かることは、残念ながら20代でも30代でも40代でも、貯蓄額があまり変わらないということです。

40代まで貯蓄を考えず、いざいきなり家づくりを始めたときに現実を見ることになります。

ローン終了は75歳、そして定年を過ぎてもまだ子供が大学に通っているというケースもあり得ます。

それを見据えて蓄財を進めていたら大丈夫ですが、もしそうでなかったとしたら早く家を建てておけばよかったと思うはずです。

家づくりは長い目で見て考えていくことが大切です。

それは返済計画もそうですが、長期的に資産価値のある家づくりが出来るかどうかということも大切です。

素晴らしい家づくりを最高の結果にできるようにぜひご相談ください!

無料相談はこちら

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら

たった30秒で登録完了!無料カタログを申し込む