スタッフブログ STAFF BLOG

2020.12.03  / 田村(健)

窓で決まる?風通しのいい家をつくるポイント

こんにちは<(_ _)>

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」 新潟支店の田村です!

今年は雪が多いなんて噂されていて若干ビビっております(^^;

 

心地よい風を取り入れて快適に暮らすための窓とは?

 

今回は『窓』についてお話したいと思います。

私も間取りをつくる上で窓はいつも配置などに悩むポイントの一つです!

 

お施主様とも間取りを確定させるときに窓を一つ一つサイズや開き勝手、ガラスの種類を決めていきますが意外と窓への関心が少ないことがあります。

私もこの仕事をするまでは関心ありませんでした。

今住んでいる窓がどこのメーカーのものか、どんな種類の窓か、そもそもあの部屋に窓あったっけ?、なんてことも。

 

打合せをしていくと決して避けては通れないものなので、ここで窓の考え方をお伝えいたします。

まずは当社の窓はトリプルガラスを標準にしていますが、壁の断熱性能には到底勝てません。

だから窓をつければつけるほど断熱性能は下がっていきます。

なので、窓一つ一つの意味を考えて配置しましょう。

 

全部を書くと非常に長くなる為、今回は風を取り入れる窓の考え方について触れます。

隣の家が近くに配置されているような側の窓は風を正面から受け止めることができません。

こういった風を家の中に取り込みたいときには、通常の「引違いのサッシ」ではなく、縦すべりの窓を採用すると良いでしょう。

風の吹く方向に合わせて設置すれば、上手に風を捕まえることができます。

 

 

また、隣にも窓があって窓を開けて室内を見られたくないような場所では、自分で開閉の具合を調整することができる横すべりの窓を採用します。

室内を隠しながら、空気の入れ換えをすることができます。

窓を上部に引き上げるので、多少の雨の日なら室内を濡らさずに窓を開けておくことができます。

 

 

このように、どのような役割の窓なのかによって、窓の種類も適切に選ぶことが、風通りのいい家にするために必要な考え方となります。

私も引違いばかりの家で育った為あまり縦辷りや横滑りよりも引違いを選びがちなのですが縦辷り、横滑りの方がしっかり閉まって気密性がいいのです。

なので場所や用途で選んでいくことが重要です。

 

次回は採光を取り入れる窓についての考え方を紹介します。

お楽しみに♪

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら