fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2022.08.01  / 増田

リビングを広くするには?広く見せる工夫を3つご紹介します

こんにちは!

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」県央支店の増田です!

最近はどこにも行けておらず、何か楽しそうなイベントは無いかと探していたところ、、、

いいのがありました!!

 

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

新潟県は「越後三大花火」といわれる、「長岡市の長岡まつり」、「小千谷市の片貝まつり」、「柏崎市のぎおん柏崎まつり」の花火大会があり、そのうちの1つです!

コロナの影響でなかなか開催が出来ていなかった花火大会ですが、今年は3年ぶりに開催するということで感染対策をばっちりして、観てきました!

 

リビングを広くするにはどうする??

さて、本題ですが、お客様からよく「リビングは広くしたい!」というご要望を伺います。

ただ広くすることもできますが、昨今のウッドショックの影響で金額も高くなってしまします。。。

そのため今回は、広く見せる工夫を3つご紹介させていただきます!

 

1.窓、扉の高さを天井高さに合わせる!

一般的には、天井は2.4m、窓、扉で多いのは2mになります。

これでも十分かと思いますが、40㎝差が生まれ、余計な壁ができてしまいます。

(一般的な例)

⇩ 弊社ですと、1階は扉の高さ2.4mのフルハイトドアを標準採用しておりますので、これだけでも十分広さを取ることができます。

窓も2.4mの物も使えますので、より広く感じることができます!

▼建築実例はこちら

 

2.和室、ウッドデッキなどと繋げて作る!

LDKと一体的に作ることで広く見せることができます!

ウッドデッキなどは、床が繋がって見えることで視覚的に広く見えるという効果もあります!

また、お子さんと外で遊ぶときに使えたり、BBQする時もベンチ代わりに使えたりと、色んなところで役に立ってくれます!

▼建築実例はこちら

▼建築実例はこちら

 

3.勾配天井を作る!

天井の高さを上げることで、縦に広い空間を作ることが出来ます!

勾配天井を作る際に注意していただきたいことがございます。

間取りにも関わってきますので、取り入れたい方は早めに教えていただけますとご提案ができると思います!

▼建築実例はこちら

▼建築実例はこちら

他にも広く見せるポイントはいくつかありますので、気になる方はぜひ弊社スタッフにお声掛け下さい!

では、また次回のブログで。

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら

今ならギフトカードプレゼント!資料請求はこちら今ならギフトカードプレゼント!資料請求はこちら

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報