スタッフブログ STAFF BLOG

2015.09.09

with Cats!!

 “しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。” by 相田みつを

“あせらず、おこらず、あきらめず。” by 美空ひばり

“まだ足りないかもしれないと考える。” by 松下幸之助

 

素敵な言葉は、人に活力を与える。

 

大好きな偉人の。ありがたぁいお言葉。お蔭で元気に過ごすことが出来た今日一日♪

こんばんは。新潟営業所のスタッフ斎藤です(^^)

 

本日の投稿はというと♪

 image4 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お伺いした、オーナー様のお宅で頂いた相談をきっかけに考えたことを少し。

そのご相談はというと、一緒に住んでいるニャンコがご新居のいろんなところに

手をかけてしまうとのことで、なんとか特定の場所だけにとどめられないものか、

一緒に考えたんです。そこで今回は、住まいにおけるそのパートナーについて

少し調べ、思ったことをお話しようかと思いまーす(*´σー`)♪

~〇〇と暮らす家づくり~

家族には、そしてその住まいにはいろんなカタチがある。

ご家族によっては、にゃんこが住まうパートナーの一員としてお考えの方々もおられると思います。

 その理由として、明確なものはそんなにないでしょうけれど(wwwよりリサーチの結果)

一緒にいて良いことは沢山あるようですね(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)

●癒される●一人にならない寂しくない●冬でもあったかぃんだからぁ~

●家族を繋いでくれる●自然と生活が規則正しくなる●休日が充実する

●心筋梗塞の発生率が減るらしい!?(こちらは余談ですが)

ニャンコがくれる、数々の癒し。

 

でも、ともに暮らすにあたり同時に考えなくてはならないアレコレ。

●爪とぎ場(決まったところでしてほしい)

●ケージ配置 ●トイレ配置 ●寝室 …etc

 

とかく新築をするにあたっては、出来る限りで互いにストレスなく、

一緒に過ごせる住まいを建てたいもの。

image3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どうすればいいのか。『どんな家に住みたい?』

ニャンコに聞いてみたって、そんな質問に答えてくれるワケはないカナシイ現実

 image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、ここはニャンコについて徹底的に調べ上げるしかないんです。

本当の気持ちは、完全に理解してあげられないけど、

24時間いえの中で居なくてはいけないアナタが、

少しでも楽しく、和やかに一日を過ごせるように。

 

ということで\(゜ロ\)(/ロ゜)/♪

沢山調べた中の、一つを今回はピックアップ!

なぜニャンコは、壁に爪をたててくれるのか(涙)

 その理由は、諸説あるようですし、

(これから述べる内容が、すべてのニャンコに対して該当するものでないことは

予めご了承くださいますようお願いいたします。)

そもそも爪を立てて何をしているのか。

その住まいの壁が、クロス材などなら特にそうですが

爪とぎをするなら、もっと研ぎやすい場所を作ってあげれば済むこと。

でも、壁にやっちゃうんです。

なぜなんでしょう。

その理由は大きく二つあるそうです

①マーキング:肉球から分泌された汗を、匂いつけに利用している。

  → 匂いをつけにくい素材ならそこは(?)

②遊びの一環:単純にクロス材が剥がれたつのが面白い。

   → 剥がれにくい素材。爪の立たない素材の選定(?)

 

この上にあげた二点を抑えれば、比較的ではありますが壁への被害は防げそうです。

しかし。この二点はニャンコの『問題行動』ではなく!大事な生活の動作であります!!

この動作をニャンコから完全に絶ち、抑え込むことはしてはなりません。

 

だから私たちにできることはひとつ。

ニャンコと一緒に暮らす喜びを感じ、ストレスフリーにより近い

“建築的”な解決法を導き出していかねばならんのです。

オーナー様とその大切なパートナーの幸せのため、

どげんかせんといかんとです!

しかし、大正解は見つかりません。

でも日々、調査し猫の生態をきちんと把握し、

模索し提案していくしかないのです。

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか答えてくれたら。どんなに有難いことか…。

そんな風に考えたことがある人は少なくないはず。

 

本来、ニャンコの持つ高い身体能力や潜在的に持つ野生。

それから考えれば住まいなんてのは窮屈なものだと思いますが、

それでも、楽しく

ダッシュ・ジャンプ・見下ろす・眺める・昇る・

えーと………あとなんかあるかな(笑)

image3 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく。

声は聴けないけれど。

活き活きとした姿をみせてくれる、そんな“建築”が出来たら。

幸せだなぁ

 って思うこの頃。

 

ということで、

~〇〇と暮らす家~

どんなパートナーとでもご相談下さい(=´▽`=)ノ

 

 

だらだら長い割には、実のない内容ですいません。

 

 

それでは、この辺で♪

つたない話にお付き合いいただき、最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m

スタッフ斎藤でした。

バーイセンキュウ!!

image4