アフターメンテナンス AFTER MAINTENANCE

水まわりのシーリング材交換方法

水を多用するキッチン・洗面台は、カビや黒ずみなどの汚れがたまりがちです。
とくに、キッチンカウンターなどと壁のつなぎ目を埋めているシーリング材は、部分的に黒ずむだけでも汚れた印象を与えてしまいます。
この部分は掃除をしてもなかなか取れないので、剥がして新しいものに交換しましょう。

ご用意いただくもの
・シーリング材
・ヘラ
・マスキングテープ
・カッター
・ぞうきん

水まわりのシーリング材交換方法

1. カビや黒ずみ等の汚れの発生。
2. カッターで古いシーリング材を取る。
…縦や横からカッターの刃を垂直に入れ、古いシーリング材をはがした後、布で拭き取ります。
3. 周りにマスキングテープを貼る。
…シーリング材を入れるすき間をあけつつ、上下に平行になるようマスキングテープを貼ります。
4. シーリング材を充填する。
…マスキングテープの間に、シーリング材をたっぷり充填します。ゆっくり押さえつけるようにするとうまくいきます。
5. スプーン型のヘラでならす。
…スプーン型のヘラで上からかぶせるようになでて全体をならします。
6. マスキングテープを剥がす。
…シーリング材は固まりやすいので、充填し終えたらすぐにマスキングテープを剥がします。
7. 乾かして完了です。キレイになりました。
…完全に乾いてゴム状になるまで約24時間おけば完了です。ドライヤーの風をあてると乾きが早くなります。

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報