アフターメンテナンス AFTER MAINTENANCE

外壁目地のシーリング材交換方法

外壁と外壁の間のことを目地といい、目地にはほとんどの場合、シーリング材(コーキング材)と呼ばれるゴムの性質をもつ樹脂が注入されています。
外壁サイディングボードの目地部分や窓サッシまわり等、経年変化によりシーリング材の剥がれやひび割れが発生します。
サイディング外壁やALC外壁など、目地を設けられる外壁において一般的な、目地シーリング材の交換方法をご紹介します。

ご用意いただくもの
・シーリング材
・シーリングガン
・プライマー
・ハケ
・ヘラ
・マスキングテープ
・カッター

外壁目地のシーリング材交換方法

1. 既存のシーリング材を除去する。
…カッターなどを使用し、古く劣化したシールを除去していきます。切れ目を入れる際に、壁に傷をつけないよう、またシールの取り残しがないよう、キレイに除去します。
2. 目地まわりを養生する。
…新しく打つシーリング材がはみ出してもキレイに仕上がるようにマスキングテープを貼ります。
3. プライマーを塗布する。
…シーリング材の接着を強めるため、プライマーという接着塗料をハケで塗ります。
4. シーリング材を充填する。
…シーリングガンを使用し、シーリング材を充填します。
5. シーリング材をヘラでならす。
…充填したシーリング材をヘラで平らにならしていきます。
6. マスキングテープを剥がす。
…シーリング材が乾いて固まる前に、マスキングテープを剥がします。シールが乾いて固まってしまうと養生がキレイに剥がせなくなるので要注意です。
7. 塗装を施して完了です。キレイになりました。

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報