スタッフブログ STAFF BLOG

2020.04.06  / 五十嵐

選ばれる外壁のメリット・デメリット

こんにちは!長岡支店の五十嵐です。

季節も春になり、天気がいいときは外を散歩する機会も増えてきているのではないでしょうか。

 

私も近所を散歩していると、いろいろな住宅の外壁が目に入ります。

黒や白といった彩色、窯業系・金属系・木壁など素材の違いなどいろいろなお宅があります。

今回はその外壁の特徴をお話しさせていただきます。

 

<金属系外壁>

屋根材(エバールーフ・GMルーフなど)

ディテールホームの代表的な外壁

屋根で使用する材料を外壁に採用した商品

 

 

 

長所:耐久性がある
   見た目がいい(壁面一面継ぎ目なく施工できる)
   カラーが豊富

短所:水垢がつきやすい
   熱変形が大きい
   
 

<金属系外壁>

メーカー品(ガルスパン・ビレクトなど)

外壁専用材の為、外壁メーカー性能保証付き

 

 

 

長所:耐久性がある
   断熱性が高い(表面金属面の裏に断熱があるため熱遮断)
   軽量(建物に負担が少ない)

短所:バリエーションが少ない
   外壁の継ぎ目なしに施工しにくい(商品の最大寸法があるため)

 

<窯業系外壁>

メーカー品(ニチハ・ケイミューなど)

セメント質材料+繊維質原料+混和材+(水)主原料を圧縮した外壁

 

 

 

長所:デザイン・バリエーションが豊富
   重厚感がある
   防火性に優れている

短所:凍害になる恐れがある
   重量(建物に負担がかかる)

 

<天然木材外壁>

レッドシダー・焼杉

昔から愛用されている天然外壁

 

 

 

長所:風合いがいい
   耐久性がいい
   好きな色に塗装できる

短所:色合いが変化しやすい(塗り替え・メンテなど)
   コストがかかる
   変形しやすい

 

など一部ですが、いろいろな外壁があります。

お住いの地域の地域や積雪量、雨風当たりの強い面などで適した外壁があります。

 

次回ブログで地域に適した外壁の選び方をご紹介させていただきます。

次号お楽しみください‼