スタッフブログ STAFF BLOG

2020.04.07  / 五十嵐

地域に適した外壁の選び方

こんにちは、長岡支店の五十嵐です。

季節も春になり、天気がいいときは外を散歩する機会も増えてきているのではないでしょうか。

 

今回は、地域に適した外壁の選び方をご紹介させていただきます。

 

新潟県の地域特徴として、多雪地域、海岸地域があります。

その二つの地域と雨風の当たり方による外壁の選び方をご紹介させていただきます。

まずは、用語をご説明から。

 

■用語について

 

【凍害】

冬季に外壁に付着した雪や雨が外壁表面の小さな隙間に入り、凍結と凝固を繰り返すことにより、隙間を大きくしてしまい表面が荒れてしまう症状

 

 

【塩害】

潮風の影響で金属の部分を腐食させてしまう症状

 

 
 

■外壁の選び方

 

<多雪地域>

冬季に積雪が外壁に常に触れてしまう地域

落雪を検討する方(中越・上越地域)

 

 
     
おすすめ:金属系外壁(メーカー品)が望ましい『縦張りであるとさらに良い』

選考理由:凍害による外壁表面の腐食が少ない
   
 
  

<沿岸地域>

塩害地域(海の潮風が影響する地域)

 

 
     
おすすめ:窯業系外壁・天然木外壁

選考理由:塩害による錆腐食等が少ない

 

<雨風がよく当たる面>

 

 

おすすめ:金属系外壁

選考理由:凍害による外壁表面の腐食が少ない

 

<番外編>

屋根パラペット内側・屋根が付いていないベランダ手摺の内側など

おすすめ:金属系外壁

選考理由:凍害による外壁表面の腐食が少ない

 

この度の選考理由が凍害と塩害の腐食の少ない外壁が選考基準となっていましたが、各メーカーそのような現象が軽減できる商品を開発しております。

 

選考基準はあくまでも個人の意見ですので、参考までにお願いします。

お住いの地域を散歩される際外壁に注目してみると、新たな発見があるかと思います。