fbpx

スタッフブログ

STAFF BLOG

2023.11.20  / 武田

「いろはにほへと」大工さんの道しるべ『番付』とは?

いろはにほへと おれたけだ。

こんにちは!

新潟で注文住宅・デザイン住宅を新築している「ディテールホーム」新潟支店 現場管理の武田です!

 

あなたの家にもある?『番付』って何?

いきなりですが皆さん、『番付(ばんづけ)』って言葉を耳にしたことはありますか?

そう!

大相撲の『横綱』やら『大関』やら『関脇』やら。のやつです。

でも実は、建築業界でも『番付』が日常的に使われているんです。

番付は皆さんのお家にも存在してますよ。

このブログを読んでくれているそこのあなた!

自分の家のいろんな部屋を見渡してみてください。

そうそう!そこの部屋の隅っこの方に!!
もっと奥です!!
ね?あったでしょ?

って冗談です。

絶対に見つけられません。

番付は家が出来ちゃうと見ることが出来なくなっちゃうんです。

建築中にだけ見ることが出来る『番付』ってこんなの!!

見たことあるよーって人、おめでとうございます。

結構マニアです。

ちなみに図面で見るとこんな感じ。

うわ。なんか数字がいっぱい。。

『プレカット図』って呼ばれる図面です。

このプレカット図を基に大工さんは現場で構造材を組み立てているんです。

プレカット図は
ヨコ方向に右から『いろはにほへとちりぬるを・・・』
タテ方向に上から『0123456789・・・』
で作図されるのが一般的。

だから柱にも1本1本に名前がちゃんとあるんです。
『い・1』、『い・2』・・・・・
とかとか。
つまりこういうこと。

勘の鋭い方は既におわかりかと。

『いの一番』って言葉。

言葉の意味は、一番最初、真っ先、他の人に先がけて、とかですね。

『最初』ということを強調する際に使われる言葉です。

建築業界のこの番付が言葉の語源だとかそうじゃないとか。

諸説あるので気になった方は調べてみてください。

ちなみに、現場の柱とかにはお施主様のお名前も書かれていますよー!

現場にお越しになられた際は、

お名前と番付をぜひ探してみてください!

楽しい素敵な家づくりを!

ではまた!

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら

たった30秒で登録完了!無料カタログを申し込む