fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2024.04.01  / 松永

ウッドデッキって使います!?ウッドデッキの魅力と注意点をご紹介

こんにちは。

新潟で注文住宅・デザイン住宅を新築している「ディテールホーム」県央支店の松永です。

突然ですが、皆様はウッドデッキをお考えですか?

というのも私事ですが、昨年の11月から県央支店へ配属となり一人暮らしから実家暮らしへとなりました。

2年ほど前に平屋生活で建てたのですが、その際ウッドデッキもいっしょに計画しました。

当時はウッドデッキに憧れを抱いていたのでもちろん賛成しましたが、2年越しにちゃんと住むようになって思ったのはウッドデッキ使ってなくない?です。

もちろんウッドデッキを採用してよかった点もしっかりあるので、メリット・デメリットご紹介しながら皆様のおうちづくりをサポートさせていただきますm(__)m

 

ウッドデッキのメリットとは?

まずさっそくメリットのご紹介です。

 

①部屋が広く見える

ウッドデッキは床とほぼ同じ高さで施工ができるので、部屋が広くなったように感じやすいのが特徴です。

抜け感がでて、ウッドデッキとつながりを感じられますね。

 

②人を呼んで屋外も使い食事などを楽しめる

晴れた日には、家族や友人でランチやお茶を楽しめ、アウトドアならではの特別感を感じられます。

BBQなどする際は炭を落とさないように注意が必要です!!

 

③DIYのスペースになる

どうしても家の中で作業をすると木を切ったりする際に、粉が出て家の中が汚くなりやすくなるものですが、ウッドデッキで作業すれば掃除も簡単です。

 

④整う

私はこれが一番大きいです。

サウナが大好きな私は、42℃のお湯に15分つかりシャワー(冷水)を浴び、ウッドデッキで寝る。

最高です。整います。

体に良くないかもしれないのでお勧めはしきれないですが、、、

 

ウッドデッキのデメリットとは?

続いてデメリットの紹介です。

 

①費用が掛かる

当たり前ですが、ウッドデッキはどうしても施工するのに費用が掛かってしまいます。

費用の抑えられるウッドデッキはすぐに傷んでしまうケースもあるので注意です。

 

②スペースをとる

限られた敷地の中で家全体を建築していくので、ウッドデッキをとる為にウッドデッキより利用頻度の高い部屋を削っては本末転倒です。

以上が、メリット・デメリットになります。

 

昔はメンテナンス費用が掛かるといわれていましたが、今は樹脂製のウッドデッキもあるので、個人的にはメンテナンス費用の掛かりにくい樹脂製のものがおすすめです。

雨でぬれても本物の木と違い、滑りにくいですしね!

皆様も今回紹介したメリット・デメリットを考えて、一生に一度のおうちづくりを楽しみながら進めてください!!

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら

たった30秒で登録完了!無料カタログを申し込む

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報