スタッフブログ STAFF BLOG

2016.03.31  / 外山

ちょっとした こころづかい  その②

こんにちは 県央営業所の外山です。

ちょうど1年ほど前になりますが

現場で 大工さんから 気の利いた提案をして いただいた お話(2015.3.7ブログ)を ご紹介いたしましたが、

今回は その 第2弾 となる おはなし。

お引き渡しを控えた お家 の 工事中の出来事。

 

洗面脱衣室と階段室が隣あった間取りで、階段下の わずかな空間が何かと 使えそうなので

脱衣室側から使う フリー収納スペースとして設けられていた。

お施主様からは、とりあえず 少し暮らしてみてから ちょうどいい収納グッズを

探そうかな?と 伺っていた。

②そんな中、造作工事中に大工さんから 問いかけが・・・

『この場所って 何に使うんですか?

よかったらまた “ 箱 ”造りましょうか?・・・』 と。

 なにより、その 問いかけ が まず 嬉しい。

早速、お施主様に 確認したところ、まだ 具体的に

収納方法を決めていない との 事 だったので、

使い勝手のいい収納を任せていただくこととなった。

 

 

 まずは現場で 大工さんと その カタチ を どうするか? の話になる。

今回は、スペースの 幅 と 高さ が それほど大きく取れない割に 奥行きがある。浴室から 手を伸ばせば届く・・・

この状況での ベストな使い勝手考え、 出てきた カタチ が これだ!

 

①引出し式の収納ワゴンの中に 組み合わせたのは

シンプルかつ機能的な 無印良品の 収納バスケット。

上段には 重なるラタン長方形バスケット・大 が 3つ

下段には 重なるラタン角形バスケット・中 が  2つ

 並ぶ。 下段の角形には 取手が 付いているので

左右どちらの方向からでも 簡単に引き出して使う

ことができる。小分けにしたバスケットは、元々

重ねられるタイプなので、洗濯物を しまう際など

持ち運ぶ事を 考えると 何かと便利に使えそうだ。

 

 

③浴室内からも 簡単に取り出せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ 無印良品の 収納バスケットは、手編みの

優しい雰囲気がインテリアにもよくなじむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

④

提案してくれた 大工さん自身も 今年1月に

ご結婚されたばかりで、きっと 自らの 家族の姿も

考えながらの 提案だったのだろうと思う。

 

 

 

あらためて 職人さんたちの ちょっとした こころづかい

の 積み重ねで 家づくりが でき上がっていく事に 感謝し

そして   その  気持ちの  こもった  造り込み の姿勢が

そこに住む  お施主様に  安心感を  与えてゆくのだろう。

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報