スタッフブログ STAFF BLOG

2018.07.17  / 坂井

外壁の汚れの対処法

こんにちは。県央支店の坂井です。

最近白い外壁のお家を多く見かけます。
弊社のお客様でも白い外壁を選択される方が最近増えています。

白い外壁はすごく綺麗で素敵な外観になるので、弊社としてもおすすめなのですが、そこで皆さんが心配されるのが、外壁の汚れです。

サッシの両脇から黒い雨垂れや、藻が発生して緑色になってしまう・・・等々。

そこで、今回は汚れの発生原因と発生しないようにする対策や、発生してしまった場合の対処方について説明したいと思います。
 

①サッシなどの下にできる黒い雨垂れ

原因: サッシの上部にたまったほこりなどが、雨によって流れて、時間の経過と共に黒いシミができてしまう。

対策: サッシメーカーがオプションで扱う水切り設置する。これにより、サッシ脇を伝う雨垂れを防ぐ事ができます。

汚れが発生した場合の対応: 高圧洗浄機で洗浄。手が届くところであれば洗剤を利用してブラシ等で洗浄。
(注:外壁によっては塗膜を傷つけてしまう場合があります)
 

②外壁に藻が発生

原因: 陽当りのあまりよくない北側の面に発生しやすい。風などで飛んできた藻の胞子が外壁に付着し、湿りがちな部位に付着して、繁殖してしまう。

対策: できるだけ細目に洗浄、清掃が基本です。ただ、皆さんお忙しいので、現実的な対処方はなかなか難しいです。

藻が発生した場合の対処方: ローラーやスプレーで市販されている専用クリーナーを塗布して放置しておくだけで藻の除去の効果が現れます。
  
おすすめのクリーナーはこちら。
 
ワンステップ・スプレー・クリーナー(アルタン(株))

こちらを利用すると・・・

施工前はこんな状態ですが、

施工後は、

こんな感じに。結構きれいになります。

 ※画像はメーカーの参考施工例です

皆さん試してみてはいかかでしょうか。

県央支店  坂井でした

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報