スタッフブログ STAFF BLOG

2019.05.16  / 外山

弥彦の眺望と 四季の移ろいを味わう暮らし

こんにちは!県央支店の外山です。

 

野山の新緑が日ごとに鮮やかさを増してゆくこのごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回は、先日お引渡しさせていただきました『岩室の家』を一部ご紹介させていただきます。

 

そのお宅は、岩室温泉の東側に位置し、南西に弥彦山、北西に角田山を望む 絶好のロケーションに位置しています。

 

プランの始まりは、『毎日の生活の中で、弥彦を眺めながら暮らしたい!』というK様夫婦からのご要望から。

 

絶景も活かしながらも、弥彦と角田の山間を抜ける風は、ほかのエリアに比べ、時に強く吹くこともあります。
その風の対策と、奥様の植物がお好きな点とを加味した結果、中庭をご提案させていただきました。

 
 


外観は、一部のみ2階建てとした平屋に近い佇まい。寄棟に深い軒を四方に配し、落ち着きのある造り。
 
 


北側に位置する玄関。北西の風を遮るよう西側に壁を設けている。南北方向の心地よい風を取り入れるため、玄関引き戸のサイドに小窓が設けられている。
 
 


玄関を入り、まず目に入るのが大きなガラス越しに位置する中庭。
 
 


中庭にたくさんの陽がそそぐよう、南側の屋根形状に工夫がなされ、空を見上げることができる中庭となっている。
 
 

 
中庭には、アオダモを配置。綿毛のような柔らかな印象の花や、真紅の紅葉など、四季の移ろいを味わうことができる。
庭木は、< ‘17.11月ブログ 『東新保の家』><’18.8月ブログ 『新堀の家』>に続いて、今回も【庭正 長橋氏】※1とのコラボレートにて仕上がっている。
 
 


切り取った空に向かって すくすくと伸びてゆく。
 
 

 
中庭は通路を介して南側外部とつながっており、開口部は大型格子戸が設けられ、中庭から心地よい風が格子を通り抜けてゆく。
 
 

 
中庭の通路は、ペットの足洗い場・冬季、降雪時の排雪通路など様々な役割を担っている。
 
 

 
陽が沈むころには、アオダモがライトアップされ、日中と違った趣を味わうことができる。
 
 

 
ライティングは光源を2カ所設け、それぞれフレキシブルにコントロールできる様しつらえてあるため、様々な表情を愉しむことができる。
 
 


ライティング効果により、室内に葉影が映り、幻想的な空間を創り出している。
 
 


中庭と共にポイントとなる南西側「弥彦」の眺望。
 
 


 

 

内と外の空間のつながりを生み出すため、天井のレッドシダーを内外を通して貼り、開口部廻りの線を減らす detail の造り込みがなされている。
 
 

 
弥彦山を眺めるためにしつらえられた専用のカウンター。仕上げは MORTEX。
 
 


【Wall Lab 松谷氏】※2のオリジナルグレーを採用し、手仕事の風合いと温もりを感じながら上質な空間に仕上がっている。
 
 

 
カウンターの後ろに、ご主人こだわりのエリアを配置。
 
 


ワイングラスホルダーは、ウォールナットのオイル仕上げを組み合わせた。
無垢・ガラス・モルタル。それぞれの素材の質感を活かし、バランスよく組み合わせることで、上質な大人の空間を創り出している。

 

四季の移ろいをより深く味わうためにしつらえられた住まいです。
こだわりのポイントは人それぞれ異なりますが、今後の家づくりの参考にご活用ください。

 

理想の暮らしをイメージしたい方は、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 


 
※1:帝樹園 庭正 長橋氏について
http://teijuen-niwamasa.com/
 

※2:Wall Lab 松谷氏について
https://deskgram.net/explore/tags/%E5%B7%A6%E5%AE%98%E6%9D%BE%E8%B0%B7
 

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報