スタッフブログ STAFF BLOG

2019.11.18  / 佐藤(信)

図面を描く立場から、家づくりアドバイス

皆さんこんにちは!!

長岡支店 設計部の佐藤信悟です。

寒くなってきましたね。

3日前くらいにダイエットを始めたのですが寒いせいか全然体重減りません。

目指せ年内10キロ減!!

 

さて話変えまして、普段私は皆さんの家の図面を描く仕事をしています。

コーディネーターでもないので皆さんにお会いする機会もかなり少ないです。

見た目は上の写真まんまな感じです。

そんな人が事務所にこもり家の細かい部分まで考え、図面にまとめています。

そんな私ですが3年以内くらいにマイホームを考えていまして、普段図面を描いている立場からこんな風にするとすごくいいよなとか思うものをいくつか紹介します。

 

玄関は広いほうがいい!!

完全な個人の見栄なのですが多少LDKの広さを削ってでも広くしたいです。

広いと来客時もいいですよね。

玄関すぐ隣にシューズクロークがあるとすごく便利です、しかしシューズクロークをとると玄関は狭くなりがちです。

自分の今の生活をよく考え、靴の所持数やサイズ、シューズクロークに他に置いておきたいものをよく考えるとシューズクロークという部屋でなくても床から天井まである下駄箱でもよかったりします。

下駄箱も大体棚板は可動式になっていますのである程度のものは入れることができます。

 

LDKは作り付け家具!!

LDKはかっこよくしたいです。

選んだ床や建具などと同じ柄、同じ色、質感で広さにあった家具を作りたいです。

狭い空間でも、その空間にあった家具を入れれば機能を満たしながらも同線など狭くならずにすみます。

ソファなどは既製品だとどうしても部屋の中心に置きたくなってしまいますが、L字の壁に作り付ければ省スペースでかつ広いL型ソファーなどが可能になります。

 

空間はなるべく一つながりに!!

もう小さい家が作りたいと言っているようなものですが、そうなんです。

高性能エアコン1台でいまやかなりの広さをカバーできます。

LDKに吹抜けを設け、2階ホールもつなげるお客さんもたくさんいます。

なので建具や間仕切りは極力少なくして開放感のある家をつくりたいんです。

 

玄関アプローチは長く!!

玄関に戻りますが玄関ドアを開く前の動線を屋根付きにして長くとり、ポーチ脇には植栽をたくさん植えたいです。

ただの見栄かもしれませんが、空間が豊かになること間違い無しですし、間取りによっては豊かな植栽を窓を通して内部にも反映できます。

 

まだまだたくさんありますが、そんな家が建てたいですし、皆様の家づくりの参考になればと思います。

それでは。