スタッフブログ STAFF BLOG

2020.01.27  / 樋口(大)

定期点検の重要性~メンテナンスに目を向けた家づくり

皆様こんにちは。

長岡支店、カスタマーサービス担当樋口です。

今回は定期点検の重要性をお伝えしたいと思います。

 

 

<定期点検>

そもそも定期点検とは?

お引渡ししてから

半年、1年、2年、5年、10年・・・

点検があります。

 

こちらは建設会社によって点検内容や時期は異なりますが、普段生活されてて見つけることができない不具合など、ベテランの点検員によって目視、動作確認を行います。

住宅は使用頻度やメンテナンス不足で、どんどん劣化していくものです。

見た目が古くなるだけならまだしも、場所によっては放置しておくと住宅全体の劣化を招くことになります。

また、建物の劣化は耐震性や耐久性の低下につながるため、いざというときに住宅本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

安心・安全に毎日を過ごすためにも、住まいのメンテナンスは不可決なのです。

 

 

ディテールホームでも時期になりますと定期点検のご案内をさせて頂いてます。

ご不明な点等ありましたら定期点検のタイミングでお話頂いても構いません。

5年点検ではシロアリ保証制度の更新もありますので注意が必要です。

10年点検は、保証期間が切れてしまう大事なときですので、建物全体を一度、しっかり点検してみてください。

点検個所は、建物外部(基礎・外壁のひび割れ等の症状の確認)から内部(床・壁の傾き、ひび割れ等の症状の確認)、床下や屋根裏(基礎・土台・大引きなどのひび割れ、金物の設置状態など)などです。

 

<まとめ>

家は家族みんなが安心して暮らすための空間。

定期点検サービスを受けられる住宅建設会社を選んだり、長期優良住宅での家づくりを検討したりと、メンテナンスを考えた家づくりは必要不可欠です。

いつまでも快適に暮らせる家を建てるため、メンテナンスにも目を向けた家づくりを考えてみましょう。

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報