スタッフブログ STAFF BLOG

2020.06.04  / 穂苅

『この季節に外装材のメンテナンスを!!』

こんにちは

新潟支店 アフターメンテナンス担当の穂苅です。

 

これからの季節雨の降る日も多くなりますが、その合間の晴れた日に外壁に散水(高圧洗浄機はNG)をしてみては、いかがでしょう!!

 

弊社で住宅を建てて頂いた方の半数の外壁が金属サイディングかと思います。

 

数ある外壁材の中で金属サイディングを選んだ理由としては、新潟の風土で降雪による凍害、沿岸地域による塩害、地震による倒壊抑制になる軽量化という点になるかと思います。

 

しかし、耐久年数としては他の外壁材(窯業系、木質系、塗り物系)と同じくメンテナンス作業をしなければ錆びや汚れなどの発生で費用を掛け修繕を行わなければならない状態になります。

 

要するに、外気に触れるという事は大気中の汚れや雨、風、太陽光などの過酷な状況下において、外壁材に施してある塗膜が、これらのストレスに耐えられなくなるという事です。

 

 

<掃除方法>

 

日頃のお手入れは水や洗剤で表面の汚れを洗い流し柔らかいスポンジ等で擦ってください。

汚れた状態でいきなり擦ると、付着している汚れの粒などにより無数のキズとなり、そこに汚れが溜まりやすくなり取れなくなるなどの要因がありますので、ご注意下さい。

 

あと、窓回りなどのシーリング材には可塑剤と着色剤が含まれているなど、べたつきが出てしまい汚れが付きやすく変色、黒ずみを引き起こしやすくなる場所でもありますので、十分なお手入れが必要となります。

 

見栄えは少し悪くなりますが、窓の端に雨跡防止水切り部材などをおすすめさせて頂いております。

 

 

余談となりますが、東京タワーは内藤多仲氏が設計をして1958年竣工してから五年ごとに、塗装による塗替えを行い維持保全を62年間、美観を保っているという事です。

 

『家も人も建ててからのお付き合いが大事になると思います。』お気軽にご相談下さい。

 

ありがとうございました。