fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2020.11.26  / 中村

1分でわかる工事の流れ!住宅ができるまでをわかりやすくご紹介

こんにちは。

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」 最近ひどい肩こりに悩まされている新潟支店の中村です。

住宅作りをご検討されている皆さん。

今回は木造住宅の工事の流れ(工程)についてお話ししたいと思います。

 

工事の流れ(工程)

工程はザックリ、以下のようになります。

1.地業・基礎工事

2.木工事

3.クロス工事

4.仕上げ工事

5.完成

こんな感じです。

 

1.地業、基礎工事とは

地業は地盤改良工事の事です。

長期的に家を支える縁の下の力持ち。

地盤改良と言っても色々な方法があり、鋼管杭、木杭、砂利杭、コンクリート杭、セメント改良等々。

ここがしっかりしていないと家が傾いたり、沈んだり大変なことに・・・。

地業が終わったらその上に基礎を作ります。

弊社ではベタ基礎を標準に採用しています。

 

 

 

2.木工事とは

読んで字のごとく、土台、柱、梁、屋根等々、大工さんがのこぎりで切ったり。

釘を打ったりと、主に木材を使った工事の事です。

工場で加工されてくるので、建て方(上棟)なんて1日で終わってしまいます。

出勤時は基礎だけだったのに、帰りには家が出来てる。

(骨組みだけですが・・・)

なんてこと感じられた方もおられるのでは?!

 

 

3.クロス工事とは

これまた読んで字のごとく、クロス(壁紙)を張る工事です。

クロスの種類は多種多様で、本当にいろんな色の、デザイン、機能を持ったものがあります。

貼る場所に併せてご検討されてみて下さい。

 

 

4.仕上げ工事とは

ここは住宅設備(キッチン、W.C、お風呂等)や照明器具、カーテン等々を設置、取付を行います。

 

 

営業やコーディネーターと打合せして決めたことを、実際に組み上げ、作っていく流れ(工程)がお分かりになったでしょうか?

本当はもっと細かく、15~20位の業社さんが工事に携わっています。

工程とは、各種業者さんが各所の工場や現場で製作,作成し、建設地に順番に収めることにより一軒の家が完成します。

何となく工程が解ったところで、次回に続く・・・。

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら


OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報