fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2020.12.18  / 志田

地盤改良ってどんな工事?

こんにちは!

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」 長岡支店の志田です。

今週に入り雪が降って新潟の冬感が出てきましたね。

子供の頃は雪が降り、クリスマスが近づいてくるとワクワクもしましたが…

最近の私は色々な意味でブルブルするばかりです(>_<)

 

 

長岡支店もクリスマス仕様!

自宅のツリーも飾り付けしなくては…(*´Д`)

 

さて住宅を建てる際に真っ先に行われる工事は、地盤改良工事になります。

地盤改良工事と言っても、いくつか種類があります。

主な地盤改良工事について簡単にご紹介させていただきます。

 

表層改良工法

セメントと現地の土を使用して表層付近の軟弱地盤を締め固め、その上に基礎を作る工法です。

軟弱な地盤が浅い敷地に適しています。

目安として地表から2メートル程度までの地盤強度を向上させる事が可能です。

 

柱状改良工法

セメントと土を混ぜた円柱状の補強体で地盤改良を行います。

土の中にコンクリートの柱を造るイメージです。

軟弱地盤が2メートル~8メートルの範囲でこの工法が用いられるケースが多いです。

 

鋼管杭工法

支持層がさらに深い場合にも用いられる工法です。

鋼管杭を強固な支持層まで貫入して地盤改良を行う工法です。

地表から30メートルまでの地盤強度を向上させる事が可能です。

 

さらに弊社で新たに行った施工工法をご紹介させていただきます。

 

シート工法

基礎下の砕石の間にシート(ジオテキスタイル)を設置して地盤の強度を向上させる事が可能です。

 

 

 

大きな重機で施工する必要がないので狭小地・高低差がある敷地に対応可能です。

地中深くに埋設物を残さないので、敷地の資産価値低下に繋がりません。

 

 

基礎工事中に行う改良工事なので、工期の短縮が可能です。

以上の改良工事をご紹介せていただきましたが、いずれの場合も地盤調査資料・立地条件・施工費用などを考慮して最適な工法をお勧めさせていただきます。

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら


OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報