スタッフブログ STAFF BLOG

2020.12.28  / 

ニューノーマル時代に求められる住まいのカタチとは?

こんにちは!

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」 新潟支店の林です!

 

しっかりと寒い冬になりましたね。。

こんなに寒さに弱かったかなぁー。と過去を美化する今日この頃。

我が家(と、言っても夫婦二人なんですが)は最近キャンプにハマっています!

にわかキャンパーの名に相応しい軽装備で野営や焚火を楽しんでおります。

しかも日の出前からお昼過ぎまでという独特なタイムスケジュール。

熊様と出会わず、お酒が飲めて、1日が長く使える工夫…のつもりです!

 

 

子供の頃から河原で火を焚いたりすることはありましたが、大人になってから眺める焚き火はまた違った見え方をする気がします。

焚火を黙って見つめ続ける私を心配そうに眺めていた妻も、最近では火起こしを覚え「火を育てる」楽しみに魅了された様子で…

私が薪を動かすと怒られます。。

火起こしを私が、調理を妻が…と言う関係性は脆くも崩れ去り、私はもっぱら薪拾いです。

イニシアチブは完全に妻のものに(O_O)

 

「焚火」は林に火が2つですからね!

それぞれの聖域を侵さず、こだわりを尊重出来たほうが永く楽しめるのかも知れませんね!

共通の趣味を持てる事は嬉しいものです。

 

聖域と言えば…料理が趣味のひとつの妻にとって、冷蔵庫、キッチンは「聖域」なのだそうです!

先日、2人でテレビをみていたら、良かれと思って旦那さんが冷蔵庫の中身を整理したところ奥さんは激怒!

聖域を侵したと旦那さんを叱責…

ゾッと肩をすくめる私の横で妻はウンウン、ウンウン頷いていました!

これって一般世論なのでしょうか??

 

気を付ける事にします!

 

 

最近、担当させて頂くお住まいに「書斎」が組み込まれている事が増えてきています。

私自身もテレワークが増え、仕事部屋を整備しました!

空き部屋の一角に椅子とテーブルを置いて簡易的に囲っただけの粗末なものですが家族も不可侵の聖域ですw

 

あたかも家族との摩擦を恐れている様な話の進め方をして来てしまいましたが、そんなつもりではありませんw

私にとっても家族との時間は大切です!

だからこそ公私の切り替えを空間に頼らざるを得ないのですねー。

とはいえ、聖域にこもりっきりの生活なんてオススメ出来ません!

プライベートスペースは是非、こじんまりと!長くは居づらい空間を是非オススメします!

 

お勤めの方にとって住まいは帰る場所。

専業主婦の方にとっては迎え入れる場所。

そう言った定義も段々とシフトしていってるのではないでしょうか?

週末の過ごし方も大きく変化している事でしょう。

市街地、郊外の価値観にも変化が現れて来ている様に思えます。

 

住まいの在り方に変化が見えます。

弊社ではDETAIL BASEとして、規格←(×)、企画住宅事業部を始動いたしました!

新しい生活様式のご提案です!是非チェックしてください!
DETAILBASEのWEBサイトはこちら

もちろんイチから住まいの在り方を練り込みたいと言う方もどしどしご相談ください!

弊社スタッフが全力をもってお手伝いをいたします。

ありがとうございました(^^)

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら