fbpx

スタッフブログ STAFF BLOG

2021.03.16  / 目黒

おらが町の有名人が愛した名車キャデラック「きゃ!デラックス‼」

こんにちは!

新潟の住宅ブランド「ディテールホーム」 現在、人知れず親不知を抜歯中の目黒です。

今のところ上の2本を抜かれました。

これから恐怖の下の歯を抜く予定です(しかも手術で…)。

歯が真横から生えてきていて、とても厄介らしいです。

 

突然ですが、あなたの住んでる街にはどんな有名な方が住んでられましたか?

芸能人、スポーツ選手、政治家、etc….と、様々なジャンルの著名人がいらっしゃると思います。

私の住む三条市には身長2m越えのプロレスラーで、その前はプロ野球選手で、テレビタレントとしても活躍していた三条市名誉市民のジャイアント馬場(本名:馬場正平)さんがいらっしゃいます。

ちなみに馬場さんの実家は八百屋さんだったそうです。

 

(三条で開かれたジャイアント馬場展にて)

 

燕三条ブランドが誇るトップメーカー!諏訪田製作所

そんなおらが町の有名人ジャイアント馬場さんが、ハワイで最後に乗っていた愛車キャデラックが、去年の暮れにふるさと三条市に寄付された。

その名車が一時的に、諏訪田製作所(こちらもおらが町の有名企業)の新社屋のエントランスに展示されています。

スワダと言えば”爪切り”。

(諏訪田製作所:https://www.suwada.co.jp/

 

 

↓コチラが諏訪田製作所に納車された時の動画です↓

自走可能です!

 

展示されているのは、1976年型の「キャデラック エルドラド コンバーチブル」で、白いボディーカラーの2ドア、幌(ほろ)の屋根が電動で開閉できるコンバーチブルタイプ。

全長5800×全幅2030×全高1400mmもあるビッグサイズのアメ車で、排気量は8,000ccを超えるバケモノだ。

エルドラドはキャデラックの頂点で、スペックや装備でも最高級を追求したモデルは、日本プロレス界で頂点に君臨した馬場さんにピッタリだ!

とにかくカッコいい‼

 

 

馬場さんのチャンピオンベルト(?)も車の脇に飾ってあります。

 

 

ちなみに、この車が展示されている諏訪田製作所の新社屋は建築的にも素晴らしいです。

ショップやカフェも併設され、工場見学も同時にできます。

以前の建物はショップ&カフェ棟と工場が別棟となっていましたが、今は同じ建物内にあり、一筆書きの動線で施設内を見学できます。

ショップ店員も工場の人たちも黒ずくめでカッコよく見えます。

 

 

ショップの奥にガラス張りの会議室が3部屋あり、それぞれの部屋に照明スタンドが1台ずつ置いてあります。

全て20世紀の三大建築家の1人フランク・ロイド・ライトのデザインした「タリアセン」という照明器具となるのですが、オリジナル品と有名日本人建築家のオマージュ品が鎮座しています。

建築好きにはたまらない1品が拝見出来るので、非常に興奮します。

金額もハンパないです!

 

・小会議室にはオリジナルのタリアセン(市場価格33万円)

 

・中会議室には永山祐子デザインのステンレス製タリアセン(市場価格82.5万円)

 

・大会議室には伊東豊雄デザインのタリアセン ポリゴン(市場価格132万円)

見ごたえたっぷりの諏訪田製作所の新社屋。

最後はカフェで一休み。

 

 

諏訪田製作所オリジナルソフトクリーム「スワスワソフト」と、 イタリア産の豆にこだわっているというコーヒー。

 

 

ショップも爪切りの他にもいろんな商品がそろっていて、とても楽しいです。

爪切りの試し切りが出来るので、切れ味を確かめたい方は是非足をはこんでみてはいかがでしょうか。

オンラインショップでも買えるのですが、こちらのショップではアウトレット品も置いてあり、多少安く買えたりもします。

…だけどアウトレットでも税込5,000円以上、いまだに買う勇気が出ないです。

貧乏性ですね。

 

細部までこだわった住宅をお探しの方へ

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」では、細部までこだわり抜いた家づくりを安心の価格設定でご提供しております。

どこにでもある普通の家ではつまらないと考えている方、つくり込まれたこだわりの住まいをお探しの方にぴったりの住宅デザインをご提案いたします。

新潟のくらしをデザインする住宅ブランド「ディテールホーム」はこちら


OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報