スタッフブログ STAFF BLOG

2020.02.06  / 内山

「ウィンターガーデン」のあるおうちで家事を楽しく♪

こんにちは。

DETAIL HOMEのおやつ番・新潟支店の内山です☆(・ω・)ノ

 

冬は大体「寒い」「外出たくない」「何なら冬眠したい」とぼやいているのですが、今年は全く雪が降らないし、暖かいし、寒さに弱い生き物としては、とても快適な冬を過ごしています(*^-^)

皆様はいかがですか?

………………………………………………………………………………………………

そんな「冬を快適に」で思い出したお話。

 

だいぶ前のお話ですが「東京都庭園美術館」へ行ってまいりました。

旧朝香宮邸。

(昭和天皇の皇后、香淳皇后の叔父・朝香宮鳩彦王の邸宅です)

昭和8年に竣工した、アールデコ様式の住宅です。

朝香宮一家が退去した後、吉田茂によって外務大臣公邸(ただし、外相は総理の吉田が兼務していたので実質的には総理大臣仮公邸)として、1947年から1950年にかけて使用されていました。

ブラタモリでも紹介されていましたね(^^)

個人宅といってもそこは宮邸。

全てにおいてスケールが違います。

 

食堂が広い。

庭も広い。

なんなら茶室もある。

ですが

「宮邸?規模が違いすぎて家づくりの参考にならないじゃん?(-“-;)」

と思うことなかれ。

寧ろ、どこをとっても素晴らしいものが揃っているので

設え、色使い、明かりの取り方、風景の切り取り方…

お手本に出来るところがたくさんあるのです!

 

例えば照明。

姫宮寝室前にステンドグラス製のペンダント照明があります。

色も形もかわいらしい(o^-^o)

これと同じものを使うのは難しいかもしれませんが…

こんな風に、近い形状のものを探してみるだけでもオマージュ空間は作れます。

 

そんな朝香宮邸の最上階。

普段は非公開の空間があります。

その名も「ウィンターガーデン」。

「温室」として設計された室内には、花台や水道の蛇口、排水溝が設けられています。

白と黒の石を敷き詰めた市松模様の床など、モダンな設えも素敵。

そう、この設え。窓の配置。形状。色使い。

87年前に竣工した建物とは思えないモダンさではないですか?

ちなみに背面はこんな感じ。↓

ソファも置いてあったので、実際くつろぐ場として使われていたのかもしれませんね。(*´∇`*)

 

例えば、サンルームを作る時、こんな風に設えたとして。

「物を干す場所」としてだけではなく、他の用途が生まれる空間になる予感がしません?

ゎ‹ゎ‹ゎ‹(•ㅂ•)ゎ‹ゎ‹ゎ‹

そうじゃなくても、物を干すのが楽しい空間に…((´I `*))♪

それも、家事をする立場でみたらとても大事な要素だと思うのです。

しんどいな、と思いながらやる家事より、楽しい家事がいい。

楽しく家事が出来る空間がいいと思いません?( ✧Д✧) カッ!!

 

…ちょっと私心を強調し過ぎてしまいました…(´ρ`*)コホンコホン

 

というわけで。

「冬を快適に」から「家事も楽しくね♪」に派生したお話でした。

………………………………………………………………………………………………

前回、お皿の話をしたのですが

一枚、増えました。

今回の新顔はお花型のお皿。

お皿の形そのものが可愛いので、使うだけで抜群にテンションが上がる有能なお皿です。笑

今回の甘味は、このりんごトーストで代用という事でm(_ _)m

ではでは、今回はこの辺りで失礼いたします☆彡

OPEN HOUSE ディテールホームの見学会・イベント情報